課題

問題を解決する

SEO対策を行っていく中で、順位が上がっていても売り上げに繋がらないことに関して
SEO対策に問題があると考える会社がしばしば目につきます。

ここでSEO対策の業者との契約を見直したり、変更したりする会社がよくあります。

しかし、売上が伸びない原因はSEO対策ではありません。
これは、サイト自体に問題があるといえます。

実際、SEO対策ではある程度の順位をキープ出来ているのではないでしょうか。

それによって、ある程度のアクセスも獲得出来ているのではないでしょうか。
それにも関わらず売上が伸びないということは、サイトの中に購入すべきものが
見つからないというユーザーからのメッセージなのです。

考えていること

つまり、商品に魅力がないのか。 あるいはサイトのデザインやコンテンツが見づらく、
目当てのものを見つけることができないのか。

それとも根本的にウェブでも取引が向いていない商品を販売してはいないか。
そうした点に注目してサイトを今一度見直す必要があります。

現在では、SEO対策という言葉がすっかり普及したせいで、
アクセスを集めること自体が目的のようになっています。

しかし、本来の目的はSEO対策の成功ではなく、売上を上げることなのです。
売上を上げるためにアクセスを集めているのです。

よく勘違いしてしまうのは、上位に上がる=売上がのびる。
でも実は、上位にあがってからが大切です。そのことを忘れてはなりません。

そこで、現在のSEO対策の課題について考えたいと思います。

検索エンジンからのチェックも日増しに厳しくなっているため、
現状を維持するだけでも難しくなってきています。

その上売り上げに繋がらないことの原因がSEO対策であるという
誤解を解くことが必要になってきます。

SEO対策の本来の目的をしっかりと理解していただき、
有効活用できるように、円滑なコミュニケーションを取ることが
大切です。